魚がし水神社

魚がし横丁2つめに向かう前、東京いちばステーションとの間に、神社があります

魚がし水神社.png

ここ築地市場を守る魚がし水神社です

IMG_9705.JPG

神社を正面から撮るのは不敬にあたるので、少し斜めから撮影しました




築地市場に勤める方は(場内、場外問わず?)、毎朝必ずこちらでお参りしていくそうです

水運の安全、商売などなどのご利益があるのかな?



ただし、こちらには神様は祀られておりません

じゃ、なぜお参りするのか



正面からお社を見たとき、その先には神田明神があるのです

こちらのお社を拝むことで、神田明神の境内にある「水神社」本殿を拝むことができるようになっている、ということなのです

神田明神の境内にある「水神社」は魚河岸の歴史とともにあり、江戸の頃から存在します

築地市場のルーツは江戸時代の「日本橋魚市」ですから、神田もすぐ近く

神田は水運も優れていますから、「日本橋魚市」では神田明神を拝むようになったのだとか



歴史は脈々と受け継がれているのですね