魚がし水神社

魚がし横丁2つめに向かう前、東京いちばステーションとの間に、神社があります

魚がし水神社.png

ここ築地市場を守る魚がし水神社です

IMG_9705.JPG

神社を正面から撮るのは不敬にあたるので、少し斜めから撮影しました




築地市場に勤める方は(場内、場外問わず?)、毎朝必ずこちらでお参りしていくそうです

水運の安全、商売などなどのご利益があるのかな?



ただし、こちらには神様は祀られておりません

じゃ、なぜお参りするのか



正面からお社を見たとき、その先には神田明神があるのです

こちらのお社を拝むことで、神田明神の境内にある「水神社」本殿を拝むことができるようになっている、ということなのです

神田明神の境内にある「水神社」は魚河岸の歴史とともにあり、江戸の頃から存在します

築地市場のルーツは江戸時代の「日本橋魚市」ですから、神田もすぐ近く

神田は水運も優れていますから、「日本橋魚市」では神田明神を拝むようになったのだとか



歴史は脈々と受け継がれているのですね

東京いちばステーション

うおがし銘茶 の後は、東京いちばステーション に立ち寄りです

東京いちばステーション.png

こちらでは、築地市場から豊洲市場への移転を紹介しています

利害関係で紆余曲折があるみたいですが、我々の生活に影響ないように、うまく運ぶといいですね


ステーションの中では、"市場だいすき、イッチーノ" がお出迎え

IMG_9704.JPG

他にも、東京都内の市場の案内や、豊洲市場の模型が置かれています


か〜るく流して次へ出発です

うおがし銘茶

魚がし横丁1の最後はこちら、「うおがし銘茶」さん

IMG_9701.JPG

先ほどの地図でいうと

魚がし横丁1.png

ちょうど赤矢印の先端あたりにあります



こちらでは、今回水出しのお茶をいただきました

これがまた、甘くてさっぱりしていて、それでいて滑らかな舌触り

暑い中、こういったお茶を出していただくと、ほっと心が安らぎます



このお茶屋さん、築地で有名なお店の一つです

こちらの他にも場外にもう1ヶ所、築地駅近くにも1ヶ所あります

築地駅近くのお店では、茶遊会と言って全館使って楽しむ“お茶のお祭り”があります

いろんなお茶を一度に楽しめるイベントだそうです


うおがし銘茶のお茶はこちらからでも購入できます
http://onlineshop.uogashi-meicha.co.jp/

魚がし横丁1つめ

正面入口から魚がし横丁1に向かうには、赤矢印のルートを通ります

魚がし横丁1.png

まぁ、ココ以外は自動車やターレーがバンバン行き交っているので、危険で通れません


正面入口近くから、魚がし横丁1を見た光景

IMG_9689.JPG

奥に見える薄緑色の更に奥が、魚がし横丁1です


まず目に飛び込んでくるのが、このような光景

IMG_9694.JPG

まぁ雑然としています

基本一般人を相手にしてませんからね

内輪で売れればいいんです、な精神がみられます(良い意味です)



一本目の通路

IMG_9696.JPG

見えているのは飲食店街ですね

右側には使い捨て弁当箱などが大量に売られています

個人で購入するというより、何人かで集まってあとで分割するのがいいかも


こちらは2本目の通り

IMG_9697.JPG

雑貨とか野菜類かな?


こちらは3本目の通り

IMG_9699.JPG

飲食店が並ぶと一気に人が増えます



有名なお店とかあるそうですが、今回は素通りです

魚がし横丁は2つ

築地市場 場内には、魚がし横丁が2つあるんです

魚がし横丁.png

これの青枠で囲われた部分と、黄枠で囲われた部分

店舗数としては青枠側の方が断然多いです



青枠側は簡単に構造を書くとこんなふう

横丁1.png

店舗敷地の間に道路があり、何件もの店舗が立ち並んでいます



黄枠側は店舗が一列に並んでいます

規模は小規模ですが、人の混雑はこちらが上かな



この先は便宜上、青枠側を魚がし横丁1、黄枠側を魚がし横丁2と呼びます